車の下取りと買い取りの違い!愛車売るならどっちがお得?

昔は、新車(中古車)の買い替え時に車を持っている場合、下取り車として新車ディーラーや中古車販売業者に売っちゃう、っていうのが主流でしたが・・・

 

最近では、車の買い替え=下取りに出す、って言う行為が、絶対では無くなりつつあります。

 

と言うか、愛車を少しでも高く買い取ってもらうなら「下取り」ではなく「買い取り」って言うのが主流になってます^^

 

下取りと買い取りの違いって?

 

車の下取りとは?

 

まず、「下取り」から説明しますと、、、

 

新しい物を購入するために古い物を買い取ってもらう行為です。

 

ここでは、今乗っている車がその対象。

 

基本的な査定額を元に、オプションや車体のキズ、ヘコミ、傷み具合、走行距離などを加味しながら、価格にプラスしたりマイナスしたりして決められます。

 

買い取りと決定的に違うのは、現金が動かないってこと。

 

通常下取り価格(額)は、そのまま次の車を購入する際の「値引き額」として、見積書に加えられます。

 

メリットは・・・

 

簡単便利で手間が掛からない、ってことですね^^

 

デメリットは・・・

 

買い取りと比べると査定額が低いことが多い、と言うことです。

 

余談ですが・・・

 

新車購入時の値引き交渉術として、下取り車があることは伏せておきましょう、って言われるのは、下取り額が値引き額に加えられて「数字のマジック」的に値引き額が大きく見えてしまうからなんですね^^;

 

車の買い取りとは?

 

中古車買い取り業者、オークション業者、廃車・事故車専門の買取業者など、、、

 

車の現状度合いに合わせて、車を買ってもらう、ってことです。

 

ですから、結果として現金、あるいは買取額が、あなたの口座に振り込まれることになります。

 

メリットは・・・

 

下取り額と比べて「高値」が付く可能性がある、ということ。

 

査定額の残っている車の場合もそうですが、年式が古くて査定額が付かない売るまであったり、事故車、廃車寸前の車であったとしても、下取りと比べると高値で引き取ってもらえる可能性があります。

 

自宅への出張査定が無料だったり、その他の手続き費用などもコミコミ提示(サービス)してくれるので、別料金が発生することもありません。

 

デメリットは・・・

 

下取りと違って、その場で「ハイ決まり」ってことはなく・・・

 

少しでも高く買い取ってくれる業者と交渉するために、幾度と無くメールや電話でのやり取りが必要となってきます。

 

この辺が煩わしい、って思う方には向かないかもしれませんが・・・

 

下取り価格と買い取り価格の相場には、「5万〜20万ほど」の開きがあることも少なくなく。。。

 

下取り価格では10万だった車が、買い取りだと20万、25万になった、なんて事も有り得る話ですから、手間ひまかける=買取額UPって事になりますかね(笑)

 

あと・・・

 

何故、高値で引き取ってくれるかを簡単に説明しておくと。

 

こういった車の買取業者は販路が広く、転売先が国内だけにとどまらないところも多いですし、、、

 

車は捨てるところがないほどリサイクル率が高いので、たとえ事故車、廃車(不動車)であったとしても、最終的には「部品」として海外へ販売されたり、スクラップとして潰されたとしても「キロ何円」で売れますから、下取りと比べると高値を付けてくれやすい、ということです^^

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

新車を買うならどっちから?
車のディーラー等で新車を購入するなら、女性営業から?それとも男性営業マンから?どちらから購入するとお得なんでしょう?
新車登録日って?
新車を購入する際の「新車登録日」ってなんなの?ディーラーから登録日の変更を頼まれたらどうするのが正解?
ハイブリッドカーのメリット
新車で購入する際、ハイブリッドカーにするかガソリン車にするか迷うことってありますよね?ここでは、ハイブリッドカーのメリット・デメリットに付いて簡単に説明しています!
新車値引き相場って?
新車の値引き相場はどうやって調べたらいいのか?新車を購入する際に重要となる値引き額を調べる方法と、下取り車がある場合の査定額について、簡単に説明しています!
新車買うなら何月がお得?
新車(中古車)を購入するなら、値引き額が一番大きいのは何月?一番お安く買えるのはいつ?ここでは、ディーラーで新車を購入する場合、買い手が一番有利なのはいつなのか?を簡単に説明しています!